平成28年度中山間地域等直接支払制度の実施状況


「中山間地域等直接支払制度」は,農業生産条件の不利な中山間地域等において,集落等を単位に,農用地を維持・管理していくための取り決め(協定)を締結し,それにしたがって農業生産活動等を行う場合に,面積に応じて一定額を交付する仕組みで,国,県,市町村により補助されます。

1 交付実績
(1)交付総額:54,834千円
        ※前年度から1,608千円の増
(2)取組数 :9市町の98集落
※前年度から2集落の増
(3)取組面積:549ha(うち田540ha,畑9ha)
※前年度から24haの増
(4)取組あたりの平均値
・平均交付金額:560千円
・平均取組面積:5.6ha

2 主な活動内容
・将来にわたり農業生産活動等が可能となる集落内の実施体制構築
・耕作放棄の防止等を目的とする,農地の法面管理
・農地の多面的機能の増進を目的とする,周辺林地の下草刈り,景観作物の作付け
・担い手への農地集積や農作業の委託

3 主な交付金の使途
・農道や水路の管理費(48%),農地の管理費(13%)等

【公表資料】 平成28年度 中山間地域等直接支払制度 実施状況

(ダウンロードH28jissijoukyou