ベトナム農業農村開発省灌漑部局からの表敬訪問


ベトナム農業農村開発省と茨城県は、平成26年3月16日にベトナムの地方自治体と茨城県の農業における協力関係強化に関する覚書を取り交わしています。

平成29年11月27日(月)に同省灌漑担当部局からMr.DO Van Thanh灌漑総局副局長を団長として15名の視察団が来日され、真っ先に,県農林水産部長が表敬訪問を受けました。

本県産梨のベトナムへの輸出が本年から本格的に開始されたことや、ベトナムでの2018年に施行された灌漑法の紹介など、両国の農業の状況について意見交換をしました。


【写真1:意見交換会の様子】


【写真2:視察団との記念撮影】

午後からは、県西農林事務所土地改良部門管内にある、農業競争力強化基盤整備事業実施地区の黒子地区(筑西市)の現地をご案内しました。
(移動中、ちょうどピークを迎える紅葉をお見せすることができました。)

視察団からは、用水源をどこに求めているのかや、どのぐらいの事業費がかかっているのかなどの事業に関することや、農家負担はどのように集めているのかなどの実務的な話まで熱心に質問をいただきました。
また、ベトナムでも担い手に農地集積していこうとする考え方があり、大規模農家を法人化させて雇用を増やすような話を伺いました。


【写真3:黒子地区で、筑波山を背景に記念撮影】

今後もお互いの農業農村発展のため協力していければと思います。