対策の概要


いま農村では…

  • いま、全国の集落で高齢化や混住化が進行して、農地や農業用水などの資源を守る地域の「まとまり」が弱まっています。
  • 国民の環境への関心が高まる中で、良好な農村環境の形成や環境を重視した農業生産への取組が求められています。

 

そこで、農地・水・環境の良好な保全と質的向上を図る地域共同の取組を支援しています。

支援を受けるには…

共同活動(資源保全)への支援

1. まず、農業者だけでなく地域住民などが参加する活動組織を作ります。

2. 現状維持にとどまらず、改善や質の向上を図る活動計画を作ります。(活動の項目を列挙した地域活動指針に基づいて、一定以上の取組を行う計画を作ります)

【地域活動指針】
基礎部分…資源の適切な保全管理(維持保全のために必要な基礎的な活動)
⇒全ての活動項目に取り組みます。
(活動項目例)施設の機能に支障が生じていないか点検、実践活動の年間計画を策定、水路の江ざらい・草刈り,農道への砂利の補充など

誘導部分…農地・水向上活動(施設の長寿命化につながるきめ細かな保全管理),農村環境向上活動(生態系保全、景観形成など農村の環境を良くする活動)
⇒一定以上の活動項目を選択して取り組みます
(活動項目例)地域住民やNPO等を交えた話し合い,施設の寿命を縮める劣化がないか点検,破損部分をこまめに補修,生き物調査の実施,水路沿いに花の植付など

3. 市町村と協定を結び、地域協議会に申請します。

4. 活動組織が活動する区域の農振農用地面積に応じて支援(基礎支援)が受けられます。

水田 草地
 4,400円/10a  2,800円/10a   400円/10a

基礎支援に加えて、一定水準以上の高度な活動(高度な資源の保全活動,質の高い農村環境保全活動,活動組織のNPO法人化など)が行われる場合には、取組 の水準に応じて一定額の支援が受けられます。(1地区当たり20万円又は40万円)

5. 活動計画に基づき,活動を実践します。

営農活動への支援

共同活動への支援に加えて、化学肥料と化学合成農薬の5割低減等の環境にやさしい農業に地域で取り組む(以下のⅠⅡの両方に取り組む)場合に、支援が受けられます。

営農基礎活動

地域全体(集落等)の農業者による、環境負荷低減に向けた共同の取り組み
<取り組み例>
たい肥施用、浅水代かき、有機物すき込み等
<支援の要件>
集落等の8割の農家が取り組む
<支援単価>20万円/地区

先進的営農取組

相当程度のまとまりをもって、化学肥料や化学合成農薬を原則5割以上低減するなどの取り組み
<取り組み例>
側条施肥による化学肥料の低減、フェロモン剤による農薬の低減など
<支援の要件>
・化学肥料と化学合成農薬の使用を原則5割以上減らすこと
・エコファーマーの認定を受けること
・地域で一定のまとまりをもった取り組みであること

<支援単価>

水稲 6,000円/10a
麦・豆類 3,000円/10a
いも・根菜類 6,000円/10a
葉茎菜類 10,000円/10a
果菜類・果実的野菜 18,000円/10a
施設で生産されるトマト、きゅうり、なす、
ピーマン、いちご
40,000円/10a
果樹・茶 12,000円/10a
花き 10,000円/10a
上記区分に該当しない作物 3,000円/10a