農業農村いろいろなはたらき


農村で農業生産活動が行われることにより、次のようなさまざまな機能が発揮されています。このような農業や農村が持っているはたらきは「多面的機能」といわれており、わたしたちの生活や経済の安定にとって重要な役割を果たしています。

 

食料の安全保障

県土の保全

水源の涵養(かんよう)

農産物の生産が行われることにより、食料を安定的に提供しています。

田んぼや畑は、雨水を貯蔵したり、吸収してくれるので、洪水を防止したり、土砂災害などを防いでくれます。

田んぼや畑に降った水は、徐々に浸透して地下水を豊富にし、また時間をかけて河川へ流れていき、川の流れを安定される機能があります。

自然環境の保全

良好な景観の形成

文化の継承

田んぼや畑には、昆虫、動物、植物など多くの生き物が生活しており、豊かな事前環境を守っています。

農村で農業が営まれることで、美しい田園など景観が維持・保全されています。これらの景観は、人々の心をなごませてくれます。

農業の営みを通して、地域の人々によって、古くからの伝統文化や祭りなどの行事が守り伝えられています。

保健休養

地域社会の維持活性化

農村の豊かな自然と空間が、やすらぎやうるおいをあたえます。また、レクリエーションの場なども提供しています。

農産物の運搬、加工、販売など、農村における働く場の確保を通じて、農村が活性化します。