出島用水の歴史


霞ヶ浦に半島状に突き出た出島台地は、降雨量が全国平均を大幅に下回る少雨地帯で、またこの地は強酸性土壌の火山灰土で作物生産には、大変な苦労を伴っていた地区でした。
しかし、用水量が不足するこの地でも稲作が行えるように、昭和21年から国営代行開墾建設事業により、霞ヶ浦から出島台地へ揚水する用水工事と開墾が始 まりました。当時の作業は、用水路管をすべて人力で敷設するなど困難を極めましたが、昭和30年、ついに口径600mmの(渦巻)ポンプ3台が完成し、 霞ヶ浦から高さ33メートルも高低差のある出島台地に大量の用水が送られました。そして昭和39年、約15kmに及ぶ用水路が完成し、水不足に苦しんだ出島台地はようやく田を潤すことができるようになり、秋ともなると、一面黄金の絨毯を敷き詰めたように稲穂がたなびく風景となりました。
完成した施設のうち、当時の農業土木技術の粋を集めて造成された円形分水工は当時の話題を集めた見事なものでした。

旧機場の写真

円形分水工の写真

その後、出島台地に水を送り続けてきた揚水機場等の施設が老朽化してきたため、揚水機場を土浦市手野地先から、かすみがうら市牛渡地先への移転工事が昭和59年から始まりました。移転工事は平成2年に完了し、同じ昭和59年から着工した県営かんがい排水事業による当初開水路だった用水路のパイプライン化が 平成11年に完了して、出島用水は現在の姿となりました。当初、国営代行開墾建設事業では円形分水工で分水した水は幹線用水路を西から東へと流れていまし たが、県営かんがい排水事業により用水は流れの向きをかえ、牛渡機場から分水工へ向けて出島台地を東から西へと用水が流れるようになりました。

出島用水位置図

国営代行開墾建設事業位置図

現在は国営造成施設管理体制整備促進事業により、平成12年から周辺に住む方々に農業施設の多面的機能を理解していただき、維持管理活動を一緒に行ってい ただけるよう働きかける活動を行っています。その一例としては用水管の埋設地を花壇として整備し、景観形成による多面的機能を理解してもらおうと取り組ん でいます。

花壇