福岡堰について


福岡堰はどんなところでしょう?

福岡堰は、小貝川下流の茨城県つくばみらい市(旧谷和原村)福岡地内にあります。
小貝川から、常総市、つくばみらい市、取手市の約3000haの田んぼや畑で使う水をとっています。小貝川には、福岡堰の下流にも岡堰、豊田堰があり、関東三大堰と呼ばれています。

歴史

福岡堰の歴 史は、江戸時代の寛永2年(1625年)までさかのぼります。そのころは、鬼怒川と小貝川が今のつくばみらい市(旧谷和原村)寺畑のあたりで一緒になっ て、利根川に流れていました。このあたりの土地は洪水が何度もおきて、湿地帯(水をふくんだじめじめした土地)になっており、作物をつくることはできませ んでした。
そこで、その時の関東郡代(幕府のお役人)であった伊奈忠治は、小貝川と鬼怒川の水の流れを分ける工事をしました。それは、鬼怒川が直接利根川に流れるように新しい川をつくり、小貝川と一緒になっていた部分をふさぐ工事でした。
このときに、つくられた堰は「山田沼堰」と呼ばれましたが、この堰からまわりの田んぼに水が行き渡って、このあたりはお米がたくさんとれるようになりました。
  享保7年(1722年)に山田沼堰に変わって、福岡地内に新しい堰がつくられ「福岡堰」と呼ばれるようになりました。
その後、明治19年(1886年)や大正12年(1923年)年など、何度か堰を改良する工事が行われてきました。しかし、小貝川の水が増えたり、堰 が古くなって崩れるおそれがでてきたため、昭和40年(1965年)から工事を行って、昭和46年(1971年)に今のコンクリートでできた新しい堰がで きました。

伊奈忠治とはどんな人?

 慶長14年(1609年)年に徳川頼房が初代の水戸藩となったときに、関東郡代になった伊奈 備前守忠次(水戸市の備前掘の工事を行った人)の次男。忠治のころは、新しい田んぼが盛んにつくられるようになり、田んぼに使う水をとる堰をつくる工事も数多く行われました。
忠治が行った工事には、利根川の流れを変える工事、小貝川と鬼怒川を分ける工事、福岡堰、岡堰、豊田堰をつくった工事などがあります。
この忠治を神様としてつくられたのが伊奈神社(つくばみらい市(旧谷和原村))です。福岡堰では、毎年、初めて田んぼに水を流す4月18日に忠治の子 孫を呼んでお祭りを行っており、忠治の行ったすばらしい工事をたたえて、水を使う時の安全と豊作を願っています。

桜の名所です

 福岡堰は、県内でも有名な桜の名所となっています。
小貝川と堰から流れる水路の間の堤には、500本以上の桜があり、桜並木は約2kmも続いています。 この桜並木のまわりには、最近、国土交通省(元の建設省)と茨城県、つくばみらい市によって、散歩道などがある公園がつくられ、1年中を通して、訪れる人 がたくさんいます。