平成18年度モデル支援


対策の実施に先駆け、平成18年度に県内16地区でモデル支援を行いました

農林水産省においては、平成19年度からの農地・水・環境保全向上対策の導入に向け、保全向上活動の実施体制の試行的な整備や、保全向上活動に対するモデル的な支援の実効性の検証等を行う「農地・水・農村環境保全向上活動支援実験事業」を、平成18年度に実施しました。
全国で568地区で実験的な取り組みを実施し、本県においても、16地区で活動組織が組織され、実際に活動を行いました。

平成18年度モデル支援地区