いばらきの農村発見

全国有数の農業県茨城を支える農業・農村の風景や整備事業についてご紹介します

守谷地区

遊休農地を解消し担い手へ農地集積

整備前

遊休農地の状況
排水不良の水田

昭和40年代に第一次構造改善事業により整備
●施設の老朽化により,水管理や水路の維持管理に多大な労力
●地下水位が高いため,乾田化にも支障を来し,遊休農地が増大

基盤整備

2つの事業を組み合わせたことによる遊休農地の解消

客土工により耕土厚を確保し農地を復元
暗渠排水による乾田化で作業効率が向上

多面的機能支払交付金を活用し,
 遊休農地の草木を刈取, ゴミ等を除去
経営体育成基盤整備事業により,
 客土工や暗渠排水の整備
地下水の水位が低下し,農地の耕作条件が改善
土地の借り手が見つかり,遊休農地が解消

生産現場

遊休農地の解消による 作付面積の回復

遊休農地が増大
多面的機能支払交付金の活用
基盤整備事業により耕作条件を改善
遊休農地を解消
作付面積の2割が回復

担い手

担い手農家への農地集積

耕作条件の改善により,農地集積 が進展
担い手農家数 ・ 農地集積率  
 事業実施前 : 2名 ・ 2.5%
 ⇒H29現在 : 5名 ・ 32.2%

遊休農地の解消による作物の 生産量の増加に伴う収益の向上

地元への聞き取り結果

遊休農地が整備されたことで地区内の担い手農家が増加
●作物の生産量が増加し,約2割収益が向上

工夫のポイント

基盤整備事業を契機に遊休農地を優良農地に回復し,担い手に貸付。
多面的機能支払交付金を活用し,遊休農地の草木を刈取
経営体育成基盤整備事業を活用し,暗渠排水や客土により,耕作条件を改善

位置:茨城県守谷市・取手市 地区面積 67.7ha 主要作物:水稲 主な支援施策:第一次構造改善事業(S41~S45)  経営体育成基盤整備事業(H22~)  多面的機能支払交付金(H26~)